2016年2月22日 (月)

サイクリング屋久島2016

160222

昨日の2月21日(日)、今年も「サイクリング屋久島」が開催された。

前日は大荒れの天気で、海の便はすべて欠航。
50名ほどの参加者が来島できなかったものの、大会当日は、打って変って晴天に恵まれ、330人ほどが早春の屋久島を駆け抜けた。

160222_02

島内参加者も多く、僕のガイド仲間も数多く100キロコースに参加。屋久島メッセンジャー直営店前をなんとも楽しそうに走り抜けていく。

マイバイクを何年も眠らせている僕は、沿道で応援しているといつもカラダがうずくのだが、我が屋久島メッセンジャーは、大会を少しでも盛り上げようと、第1回大会からブース出店をさせてもらっているため、どうしても仕事で出場することができない。

160222_03

それでも、東京でのサラリーマン時代からこの手の大会には仕事で携わっていたこともあり、大会会場にいるだけでワクワクするのだ。

昨年は、日本山岳ガイド協会の資格試験と重なってしまい出店を断念。今回は2年振りの出店となり、久しぶりに「現場」の空気を楽しんだ。

全員がゴールし、夕方5時から後夜祭が始まると、いつか参加してやろうと思いつつ、店を閉めて会場を後にしたのだった……。

160222_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月25日 (月)

南の島の雪景色

160125_01

南国・屋久島の里にも、雪が降りつけた。

我が家の裏に広がる森も、見る見るモノトーンの風景に変わり果てた。

翌朝、真っ白い雪景色が見られるのではないかと期待したが、思ったより山は白さに欠けていた。

それでも南の島に降る雪は、やっぱり、ちょっとワクワクする。

160125_02

160125_03

160125_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

ひと足早い春の競演

160111

昨日、久しぶりに島の南部にそびえるモッチョム岳(940m)へ向かった。

屋久島の中でも特に温暖なエリアで、毎年春が訪れるのもひと足早い。

この日も春の風景を期待しつつ険しい道を登り詰めていくと、標高800メートルあたりから、僕の最も好きな花のひとつ「オオゴカヨウオウレン」がちらほらと春の気配を漂わせていた。

160111_02

一方、標高の低い沢沿いでは、ひと足早く見頃を迎えていた「サツマイナモリ」が、まるで競い合うかのように可憐な花を咲かせていた。

南国の屋久島では、冬らしい冬を迎えないまま、もうじき春が訪れようとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

MBCラジオに出演します!

今度、MBCラジオの番組に出演します!

ラジオ番組への出演は、かなり久しぶり。

「やくしまじかん」という番組内の「やくティブライフ」コーナーで、2週にわたって放送される予定です。

番組のインタビュアーは、地元・安房にある「じぃじ家」店主で、僕の友人でもある日髙武士君。

それだけに、ざっくばらんとしたトークで、屋久島の魅力や移住のエピソードなどを語っています(笑)

鹿児島在住の人はもちろん、それ以外の地域にお住まいの方々もインターネットからダウンロードして聴くことができますので、ぜひお聴きください!

◆放送局:MBCラジオ
◆番組名:やくしまじかん
◆放送日時(予定):10月10日(土)、17日(土)/13:30~13:50

詳細は、MBCラジオのホームページで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

口永良部島噴火に伴う「救援物資等のご支援」のお願い

平成27年5月29日9時59分、口永良部島の新岳で爆発的噴火が発生しました。
口永良部島全域に避難指示が出ており、島にいた全員(137名)が屋久島などに避難していることは、ニュース等で報道されているとおりです。

屋久島町役場によると、6月2日現在、屋久島には約60名の方が宮之浦公民館などで避難生活をされているとのことです。
避難住民の方々は、噴火してまもなく、着の身着のままで島をあとにしていらっしゃいます。こちらで聞き取りしたところ、現在必要とされている物資は、今後の受け入れ先住居で使用する家電製品、下着やシャツなどの衣類、タオルや歯ブラシ、洗顔料といった日用品などです。

当社では、屋久島で避難生活をされている口永良部島の住民の方々に、当店で扱っているTシャツやタオルなどを救援物資としてご提供させていただくことにいたしました。

よろしければ、このブログをご覧いただいた皆様にも、救援物資等のご支援をいただければ幸いに存じます。

救援物資に関する問い合わせ先等、詳しくは屋久島メッセンジャーメインサイトをご覧ください。

なお、義援金の受け入れにつきましては、現在屋久島町役場で口座開設の準備を進めているところです。

皆様のご協力、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«火山灰と屋久島の森