« 部屋に射し込む朝陽 | トップページ | 島の運動会、第二戦 »

2006年9月30日 (土)

幻の焼酎

banner_01 今日のランキングは !? Click Please !

060930 屋久島の焼酎は、何も芋だけではない。屋久島の山中にあるトンネル内で、貯蔵・熟成させるという麦焼酎の原酒がある……

本日発売の「島へ。」(海風舎)11月号。

今回の特集は「幻の逸品」。いろいろな島の、なかなか手に入らない逸品を取り上げています。

もちろん、屋久島の逸品もいくつか紹介しています。ぜひ、ご覧ください!

banner_01 にエントリー中! 屋久島を気に入っていただけたら、「1日1回クリック」してやってください。

|

« 部屋に射し込む朝陽 | トップページ | 島の運動会、第二戦 »

コメント

見出しに釣られて見に来ました(笑)。
屋久島の自然に囲まれてできた焼酎、
どんなお味なのでしょうね~!?

投稿: yukko | 2006年10月 1日 (日) 15時02分

幻の焼酎っていうだけで、
もう熱くなってきちゃいました…
麦焼酎のプレミア系はウィスキーのような味。
芋派の私も、いやぁ~、味わってみたいですね!

投稿: noza-queen | 2006年10月 1日 (日) 17時18分

>yukkoさん
なかなか旨いですよぉ~。
43度ですが、酒にさほど強くない僕でも、結構イケます。そのあとが問題なんだが…(笑)
詳しくは雑誌で!(笑)

>noza-queenさん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、まるでウィスキーのような味わいです。
でも飲みやすいんですよねぇ~。
詳しくは雑誌で!(笑)

投稿: フォトライター菊池 | 2006年10月 1日 (日) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103076/12097306

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の焼酎:

» 「島へ。」 イラスト旅日記 大分県保戸島 [種村国夫(たねむらくにお)のコミュ]
日本で唯一の島マガジン「島へ。」Vol.32に、私のイラスト旅日記が掲載されています。小中高と最も多感な時期を過ごした大分県。心の故郷とも言える大分県随一の新聞社「大分合同新聞社」発行の月刊誌『ミックス』の表紙絵を4月号から描きはじめるようになってから、頻繁に訪れるようになった大分県のスゴイ島を発見したのです。 「島へ。」Nov.2006 VOL.32(株式会社海風舎)... [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木) 18時31分

« 部屋に射し込む朝陽 | トップページ | 島の運動会、第二戦 »