« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月30日 (土)

火山灰と屋久島の森

150530

今日、ガイドの仕事で黒味岳へ登った。

やはり、それなりに口永良部島の噴火による火山灰が降り注いだようだった。

150530_06
普段は清冽な淀川も、川底に火山灰が堆積し、いつもと水の色が違っていた。

150530_07
橋の欄干にも火山灰が……。

150530_02
コケにも積もり、

150530_03
ハイノキにも、灰が……。

150530_04
開花の季節を迎えたヤクシマシャクナゲにも。

150530_05

とはいえ、午後からの大雨で下山時にはきれいに洗い流されていた。

川もまもなく、いつもの清冽さを取り戻すだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

口永良部島噴火の影響

150529

今日の朝10時ごろ、屋久島の北西約12キロに浮かぶ口永良部島が爆発的な噴火をした。

屋久島自体に大きな影響はなく、一部の地域で降灰があったとのこと。

島の東側に位置する我が家や屋久島メッセンジャー直営店には、別段影響はないものの、愛子岳の向こうには、一時暗雲が立ち込めた。

口永良部島の島民137人全員の安否も確認されたようで、このあとも救助活動が続けられる模様だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

早咲きのヤクシマシャクナゲ

150515

昨日、ガイドの仕事で宮之浦岳に登った。

例年5月下旬から6月にかけて花を咲かせるヤクシマシャクナゲだが、所々で早くも花を咲かせている。

上の写真は、シャクナゲ観賞スポットのひとつ、投石平。

150515_02

投石平だけでなく、ルート上にはつぼみをふくらませた株もちらほら見られた。

とはいえ、昨年が大当たりの年だっただけに、今年は花芽をつけているものが少なく、あまり期待できそうにない。

150515_03

その一方で、ヤクシマミツバツツジはきれいに咲き誇っている。

屋久島は、まもなく梅雨入りを迎えるが、同時に花の美しい季節を迎えつつある。

150515_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »