2014年1月 1日 (水)

初日の出@屋久島

140101

新年あけましておめでとうございます。

元日の屋久島は、比較的穏やかで暖かな一日でした。

夜明けの時分は、水平線上に雲がかかっていたものの、その向こうからゆっくりと太陽が顔を出し、まずまずな初日の出が拝めました。

今年も平和な一年となりますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

穏やかな夜明け

131114

今朝の屋久島は風もなく、ここ数日の中では、少しばかり暖かだった。

6時40分を過ぎた頃、水平線から太陽が顔を覗かせると、部屋の中まで朱い光で満たされた。

窓の外に広がる風景を目にして、思わずカメラを持ち出し、シャッターを切る。

久しぶりに目にする、穏やかで美しい夜明けだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

奇跡のパーフェクト・レインボー!

131020

昨日の屋久島は、場所によって大雨だったり、ピーカンだったり、不安定な天気だった。

予定していた「フォトトレック@白谷雲水峡」は、白谷雲水峡が大増水で閉鎖と聞き、急遽雨が降っていないと思われる西部地域に場所を変更。

反時計回りにクルマを走らせていると、吉田集落の辺りから青空が見え始め、永田集落までやって来ると、雨こそ降っていたものの、すっかり晴れ渡っていた。

そんな天気のときは、虹がきれいに見えるとき。

131020_2

永田いなか浜の沖合には、パーフェクトといっても過言ではないほど、くっきりと美しいダブルレインボーが架かっていた。

これにはツアーにご参加いただいたOさんとTさんも大喜び。

まさしく、「禍を転じて福と為す」日となった。

131020_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

“温低”一過の夕空

台風4号は、大した影響を及ぼすこともなく、屋久島をかすめて過ぎ去っていった。

そのわずか2日後の今日、台風5号から変わった温帯低気圧が屋久島を直撃。

もはや低気圧と高を括っていたが、台風4号をはるかに超える、大荒れの天気に見舞われた。

120621 そして夕方過ぎ、パタッと静かになったかと思い、ふと外に目をやると、空があかね色に染まっていた。

それは、まさしく台風一過を思わせる、久しぶりに見る美しい夕空だった。

120621_2 一方、南の上空には低気圧の余波か、灰色の雲が刻一刻と形を変えて、妖しく漂っていた……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

思わせぶりな金環日食

120521 2009年7月22日。その日、屋久島の天気は雨だった。そう、「皆既日食」で日本中が沸いた日だ。

あれから約3年。5月21日の今日も、屋久島は朝から雨だった。鹿児島県内では54年ぶりとなる、「金環日食」が観測できるチャンスだというのに……。

すでに、昨日の時点で期待できる天気ではなかったが、朝起きて外に目をやると、水平線に陽光が射しているのが見えた。一瞬期待をしたものの、上空には分厚い雲が立ち込めていた。

「またダメかぁ……」と思いつつも、一応三脚にカメラをセットし、3年前に自作した減光フィルターを装着。金環日食のはじまりまで、あと十数分というところで、雲の切れ間から三日月状の太陽が顔を出した。

120521_2 「もしや、奇跡が起こるかも!」と思ったのも束の間、灰色の分厚い雲がにわかに立ち込めてくると、その後は再び太陽が姿を見せることはなかった……。

「部分食を見られただけでもよし」と自分を納得させていたのだが、どうやら友人の話によると、島の南東部に位置する麦生(むぎお)集落では、きれいに金環日食が観測できたらしい。

今日も皆既日食のときと同じ、あの場所で見ていれば……。何だか心もどんよりしたままの、すっきりしない一日だった……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

昼間の天文ショー

120406 今日の昼ごろ、屋久島の上空に帯状に架かる、水平の虹が現れた。

「環水平アーク」と呼ばれる、珍しい現象らしい。

予告なしで繰り広げられた、神秘的な昼間の天文ショー。

緩やかな弧を描いたその虹は、数十分間にわたって屋久島の空を彩った。

120406_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

台風一過の夕空

110920 日本の南海上に居座っていた台風15号。

その影響で、屋久島も長い間ぐずついた天候が続いていた。

夕方、風雨が弱まってきたと思い、ふと窓の外に目をやると、鮮やかなオレンジ色が台風一過の空を染めていた。

明日は久しぶりに、いい天気に恵まれそうだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

贅沢な目覚め

110824 ここ数日、朝焼けの仄々とした光に、ふと目が覚める。

その美しさに、思わず布団を這い出ると、カメラを持ってベランダへ出る。

2~3枚シャッターを切って、再び布団に潜り込む頃には、すでに空は色褪せている。

ほんのわずかで、なんとも贅沢な、朝のひととき……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

月と太陽

101203 12月に入り、屋久島は日の出の時間がだいぶ遅くなってきた。

この時期は、午前7時ごろにようやく太陽が昇ってくる。

今朝はすっきりと晴れ渡り、久しぶりに美しい夜明けを迎えた。

水平線付近が徐々にオレンジ色に染まり、夜と朝が入れ代わるとき、空は美しいグラデーションを描く。

ふと見上げると、上空にはシャープな三日月が、最後の輝きを放っていた。

そして、水平線から真っ赤な太陽が顔を覗かせると、いつしか三日月は、白々とした空に溶けてしまっていた。

101203_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

パーフェクト・レインボー

101122 今日の屋久島は、雨が降ったり止んだり、晴れ間が出たり曇ったりと、屋久島らしい気まぐれな天気だった。

午後2時ごろ、小雨の降るなか仕事で外出、南へとクルマを走らせる。

ふとバックミラーを見ると、一瞬プリズムかと思わせる鮮やかな虹が映り込んだ。

僕の住む船行集落の海手に広がる休耕田へ行ってみると、一寸も欠けることのない虹が、くっきりと七色の弧を描いていた。

「ダブル・レインボー」こそ完璧な半円を形作ることはなかったものの、久しぶりに目にする美しい虹だった。

101122_2

101122_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PR | shop | ちょいネタ | オススメ | 家族 | | 島の行事 | 引越 | 暮らし | | | | | 環境 | 生き物 | 癒し | | 自然 | | | |