2016年1月25日 (月)

南の島の雪景色

160125_01

南国・屋久島の里にも、雪が降りつけた。

我が家の裏に広がる森も、見る見るモノトーンの風景に変わり果てた。

翌朝、真っ白い雪景色が見られるのではないかと期待したが、思ったより山は白さに欠けていた。

それでも南の島に降る雪は、やっぱり、ちょっとワクワクする。

160125_02

160125_03

160125_04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

口永良部島噴火の影響

150529

今日の朝10時ごろ、屋久島の北西約12キロに浮かぶ口永良部島が爆発的な噴火をした。

屋久島自体に大きな影響はなく、一部の地域で降灰があったとのこと。

島の東側に位置する我が家や屋久島メッセンジャー直営店には、別段影響はないものの、愛子岳の向こうには、一時暗雲が立ち込めた。

口永良部島の島民137人全員の安否も確認されたようで、このあとも救助活動が続けられる模様だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

「ホタルの里」にホタル飛ぶ

130620_2

130620
僕の住む船行集落の一角に、「ホタルの里」という集落民にとっての憩いの場がある。

船行区では、一時期計画が頓挫していた「ホタルの里・整備事業」を再開しようと、数年前から環境を再整備。

船行子ども会・育成会でも、2年前に「ホタルの里・再生プロジェクト」と称し、ホタルの幼虫の餌となるカワニナの放流成虫の放虫を行った。

この試みが功を奏したのか、昨年は2~3匹、今年の5月には5~6匹、いずれもゲンジボタルが舞うのを確認。

ホタルが定着したといえるレベルではないものの、数が増えたのは事実だ。

来年にさらなる期待を寄せつつ、いつかホタルが乱舞する日が訪れることを願う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

船行集落ゴミ拾いウォークPART2

120121 昨年の夏に続いて、今日も朝から船行子ども会による船行集落ゴミ拾いウォークを行った。

今回はさらに範囲を広げ、4班がそれぞれ1時間ほどかけてゴミを拾いながらウォーキング。

前回にそこそこの量を拾っただけに、今日は少ないだろうと期待したものの、残念ながらそれなりにまとまった量のゴミが集まった。

120121_2 今回はさらに、子どもたちがある一画にゴミが大量に投棄されている現場を発見。見ると、古タイヤをはじめ、かなりの量のゴミが埋もれている様子。

純粋に拾おうとする子どもたちもいたが、そこは私有地でもあり、ちっとやそっとで片付く量でもなかったので、今日のところは手を付けなかった。

その現場については、今後の大きな課題となりそうだが、子どもたちがゴミ問題について考える“いい題材”になったかもしれない。

その意味において、ゴミが多くても少なくても、ゴミ拾いウォークは継続して取り組んでいきたい活動のひとつだ。

ゴミ拾い活動をしていて、いつも思うことだが、ゴミを捨てる人がいなければ、こんなことする必要はないのに……。

いつの日か、この世からゴミがなくなりますように……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

南の島にもクリスマス寒波

111224 今日の屋久島は、冷たい雨の降りしきる寒い一日だった。

島の北東部に位置する宮之浦へ行くと、前岳の山々はうっすらと雪化粧をしていた。

白谷雲水峡あたりも、このクリスマス寒波でだいぶ雪が積もったに違いない。

さて、この冬は、「もののけの白い森」をいつ見に行こうか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

山茶花の咲く里

111203 今日、僕の住む船行集落で、山茶花の植栽作業があった。

「屋久島町むらづくり活性化事業」の一環で、船行では毎年この時期に山茶花の植栽を行っている。

「屋久島の北海道」と言われるほど冬が寒い船行には、冬に咲く山茶花がイメージにぴったりというわけだ。

ここ4年間で、船行にはずいぶん山茶花が増えた。といっても、そのほとんどはまだまだ幼木。

我が子らが大人になる頃、僕たちの暮らす里は、よりいっそう山茶花が咲き誇っていることだろう……。

111203_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

船行集落ゴミ拾いウォーク

110801 昨日の日曜日、船行子ども会で集落内のゴミ拾いウォークを行った。

町内一斉の「青少年ふるさと美化活動」の一環として実施したものだ。

山中の登山道では、アメの包み紙など、うっかり落してしまったようなゴミを拾う程度だが、里地ではポイ捨てゴミなど、“悪意のあるゴミ”が少なくない(捨てた本人は悪意を抱いていないかもしれないが……)。

残念ながら我が船行集落でも、ちょっと歩くだけでゴミを拾うことが結構ある。いつかそれらのゴミを一掃したいと考えていたので、育成会長という立場を利用して企画。朝6時から子どもたちと一緒にゴミを拾って歩いた。

小さな集落ゆえ、1時間ほどで集落を一周すると、いいことではあるのだが、思った以上にゴミが少なかった。

集めたゴミは、燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、空き缶、空き瓶、ペットボトルがそれぞれ一袋に満たない程度。とはいえ、まだ拾い切れていないゴミはあるはずだ。

今後も継続してゴミを拾うことで、我が船行集落、屋久島、日本、そしてこの地球上からゴミを一掃できたら、どんなに気持ちがいいだろう。

ひとりひとりがゴミを捨てなければ、どうということはないのだが……。

ただそれだけのことなのに……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

ホタルの里・再生プロジェクト【放虫編】

110610 先月、船行集落の子ども会・育成会で行った、ホタルの里への「カワニナ」の放流。ちなみにこのときの模様は、5月26日付の南日本新聞に掲載された。

ホタルを定着させるのは容易ではないが、まずはやるだけやってみようということで、今度はホタルの放虫を試みた。

梅雨の合間となった昨日の夜、ふと思い立ってホタルの捕獲へ。さすがに会員全員で行くわけにはいかず、せめて我が子らだけは誘って、一緒に連れて行った。

しかしながら、時期的にピークを過ぎてしまっていたのか、時間的にピークを過ぎていたのか、捕獲できたのはわずか10匹あまり。それでも体の大きなメスも数匹捕えることができた。

110610_2 そして、その足で船行集落のホタルの里へ向かい、淡い期待を抱きつつ、捕まえてきたホタルを放虫。

ふわりふわりと船行の闇夜に飛び立っていったが、果たして無事に卵を産み落としてくれるだろうか……。

110610_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月23日 (月)

ホタルの里・再生プロジェクト

110523 今年度、我が船行集落の子ども会・育成会の会長を、僕が担うことになった。

鹿児島県では、毎月第3土曜日を「青少年育成の日」と定めており、屋久島でもこの日は、各集落の子ども会・育成会ごとに様々な活動が行われている。

今年度最初の活動となった4月は、地元「マハマ海岸」の清掃活動と新入生歓迎会を予定したいたのだが、天候不良のため、海岸清掃は5月に延期。

そして一昨日、またもや青少年育成の日は悪天候に見舞われ、海岸清掃はやむなく中止。それでも、その後に予定していた「ホタルの里・再生プロジェクト」と称した活動だけは実施した。

「ホタルの里」は、集落内にある一画で、かつて集落民の憩いの場として利用してもらおうと整備した場所。しかしながら、長い間ホタルが飛ばず、計画も半ばで頓挫した状態だった。

その後、平成20年度から「むらづくり活性化事業」の一環として、船行区では再び「ホタルの里」の整備事業に着手。3カ年にわたって周辺の環境整備を強化し、ようやくホタルが成育し得る環境が整う段階までこぎ着けた。

あとは、ホタルの幼虫の餌となるカワニナを放流・定着させ、ホタルの幼虫や成虫を放し、数カ年かけてホタルの定着を目指そうというわけだが、これを「ホタルの里・再生プロジェクト」と称し、船行子ども会も一緒になって取り組んでいこうという計画だ。

当日は小雨の降るなか、朝10時に公民館に集合し、いざ「ホタルの里」へ移動しようとすると、にわかに雨が強まった。弱くなるのを待って現地へ場所を移し、いよいよカワニナを放流しようとした矢先、遠くで雷鳴が轟いたかと思うと、一段と雨が強く降りつけてきた。

「なんで、一番大事なときに……」

そう思いつつ、カワニナをさっと放流し、余韻にひたることもなく、とっとと撤収。そのあとに予定していた「ホタルの里deピクニック」も、もちろん来月に延期となった。

6月の青少年育成の日は、梅雨真っ只中。次回も屋久島の天気に悩まされることになりそうだ……。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

夢の山小屋、ほぼ完成

110210 昨年12月から着工したウチの山小屋

できるだけ経費を抑えるため、短期間で一気に建てる予定だったのだが、契約直後に立て続けに別の発注が入ったとのことで、年明け以降、しばらく先送りになっていた。

110210_2 そして、1月下旬から再開すると、一気に工事が進捗し、先週末に内装の一部と建具類を残して、「ほぼ」完成。

山小屋と言いつつも、随所にこだわってしまった結果、想像以上に立派な建物となった。

再び別件の棟上げが控えているとのことで、しばらくお預け状態だが、別段急いではいないので一向に構わない。とはいえ、やはり落成が待ち遠しい……。

110210_3

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

PR | shop | ちょいネタ | オススメ | 家族 | | 島の行事 | 引越 | 暮らし | | | | | 環境 | 生き物 | 癒し | | 自然 | | | |